FX裁量トレードがいいのか、それともシステムトレードがいいのか

Just another WordPress site

26 1月

トレンドの3段階について

Posted in 裁量トレード on 26.01.15 by Merlyn

トレンドは、3段階からなる、と言うのがダウ理論の中にある。これはどういう事かと言うと、まず第一段階は、悪い材料が相場に出ているが、それらは全てマーケットに織り込まれたと判断して、先行の投資家が、どんどんと買い集める。他の投資家たちも、1部は、戦後の投資家は買い集めていることに気づき、ここから相場が上昇するのではないかということでどんどんと海が集まる悪頃段階で、買おうとしている人たちは、現在のデータでは買うことができないので、つまり売り手が少ないので、値段を上げて、買うしかない。そこで相場上昇する。そして新聞にも出てくるようになり、そばこれから上昇する、まだまだ上がる余地がある、と言うムードになり、一般的な投資家、つまり鴨たちが、やってくる。そこで、最初の方で買っていた投資家たちは、そろそろ利益確定のポイントだと見さだめ、利食いし始める。しかし利食いをいきなりはしない。いきなり、すべての売りを出してしまうと、株価が一気に下落して、買い手が見つからなくなるからである。そうならないために、これは投資家は、上昇するよう仕向ける。そのためには、まだまだ上昇すると見せる必要がある。そのためにダウ理論を応用する。ダウ理論の考え方に基づいて、相場が上昇しているとする。しかし一定期間経ってから下落し始めている。そんな中、前回の安値を、下回るようなことになれば、相場は一気に弱気ムードになってしまう。そうならないために、相場がある程度下がってきたら、一定の買いを入れて、相場を支える、と言う事をする。そこで一般投資家がまだまだいけると考え、相場にに入ってきて、買い集めることで、その人たちは売り抜けることができる。つまり一般的な投資家たちを、どれだけ動かすことができるかがカギになる。
イージートレードFX

No Comments »

06 1月

文章書くことについて

Posted in 裁量トレード on 06.01.15 by Merlyn

文章の書き方にはいろいろなものがある。例えば自分が思ったことを上から下にどんどんと書いていく方法。これは基本的に誰でもできることである。自分が思ったこと、書きたいこと、主張を書いていきその理由になるもの、根拠になるものを描いていけばいい話である。このようなものは基本的に、ブランドがある程度できている状態で行うのが望ましいと思う。自分の主張を聞くのがこのような文章の特徴になるが、人の主張は、どんな人なのかわからない相手のものは聞きたくないと思うのが普通だ。つまり相手のことを知っていて、この人の文章読みたい、この人の考え方に触れたいと思う人が文章を読んでくれる。なので最初に出会う時に好き勝手文章書かれていても、この人好きなこと言ってるだけなんだろう、と思って聞く耳を持たないと思う。しかし書き手がかなりの実力者その業界の一流の人であれば、話を聞いてもらえるかもしれない。しかしそのような一流の人と言うのは、かなり少数である。自分がそうでないのであれば、どうしたら文章読んでもらえるか、それを考える必要がある。そのために1番良いのは、やはり役立つことを相手に示すことだ。その記事を読んだときに、この記事凄く役に立つなぁ。と思ってもらえる、そうして初めて他の文章、記事も読んでもらえるようになる。もし最初の文章読んだときに、こんなの全然役に立たない、と思われたら、もうそのサイトは閉じられ、二度と開かれる事は無い。そうならないためにも、最初に訪れたときに、しっかりとその価値を相手に伝えられて、また読みたいなあ、と思ってもらえるようなサイトを作るべきである。そうすると、文章書くときに、常に自分の言いたいことを、話したいことを、主張をドンドンと並べていくような文章を書くのはどうかと思う。ある程度その人の文章に触れていて、信頼関係が築けているのであれば、それでもいいであろう。しかし、まだ育っていない状態なのであれば、つまりこれからサイトを作ろうと思うのであれば、文章の書き方は、機能的でありかなり役に立つものにする必要がある。このように機能的な、役に立つ記事をしっかり書くことができるようになれば、自分の主張を述べるような文章の書き方をしても、それなりに機能的な部分は引き継がれることになるので、機能的なものがあり、さらに役に立ち、さらに好きな人の文章なのでどんどん頭に入っていく、というのがある。このような循環を果たすために、まずはサイトの記事としては、しっかり役に立つ内容、もっと読みたい、と思われるものをどんどん作るべきである。結論としては、役に立つ文章を、しっかりかけるようになり、それを続けることが、とても重要なことだということである。そのためには、インプットをし、アウトプットする、という流れをしっかり自分のものにする、そしてさらに高めていく必要がある。

No Comments »

19 12月

今から作るサイトがどんな感じになるか

Posted in 裁量トレード on 19.12.14 by Merlyn

サイトをこれから本格的に作るために、いろいろと勉強をしていることがるのですが、どんな風になるかは全く未知である。しかし、ここから集客ができるようにならなければ本当に意味ないし。となる。チャンスとしてもらっているので、しっかりここで結果を出して、認めてもらう。仕事をもらうことを考えたほうがいいな。自分に自信を持つ意味でもしっかりこの辺で集客ができる、というのをアピールしたいし結果としても残したい。自信になるだろうな。そのために必要なものに対する投資は厭わないし、時間を使ってサイトをより良いものにしたいと思っている。そこでやるべきは、そのキーワードでどういうサイトがあり、どの辺が物足りないかをしっかり確認する。そして足りないな、と思ったところに関しては、プラスしてサイトを作る。常に新しくバージョンアップされることを念頭に置くし、どんどん良くしていこうと思う。そのために全体のバランスをとらないといけないけど、とりあえずはここの説明、どんなことを知りたいかをまとめていけばいいかな。普段の相場でどんな風に使えるのかをまとめていきたいと思う。そして実際に身につけることで、どんどん相場を見る目が養われていく、というのが目的、初心者がどんどん見たくなるサイトを作ることが目標

No Comments »

01 12月

営業からプレゼンへどんどんと進化していく

Posted in 裁量トレード on 01.12.14 by Merlyn

現在文章を書くことを勉強してたくさんの文章を読み、たくさんの文章を書いている、トレードに関して書くこともあるし、日記的なものを書くこともある。そこで昔を振り返ると面白いことがある。昔、高校を卒業した時は、とにかく社会のことがわからなくて、営業っていったいなんなの?と思っていた。そしてそこから営業という仕事がどんなものかが分かって、そしたら今度はプレゼンを学ぶことになる。プレゼンではどんなことが必要になるかそんなことを考えたりするのですが、文章を書くことは、プレゼンをすることに近い、コピーを書くときも、このプレゼンにかなり近い。どんな風に構成したらいいのか、どんなことを伝えていったらいいのか、どんなことを意識して描いたらいいのか、というのをなんとなく理解することができる。毎日同じブログを読んでもらうことを考えると、それなりに面白いことが大前提となる。面白い内容を書こうと思ったら読者をわくわくさせないといけない。そのために必要なのは、書く内容はもちろんのことですが、自分自身がわくわくする、どんなことが起こるんだろう。どんな話を聞けるんだろう、と思う内容じゃないとつまらない。最後のオチの部分を決めて、それが際立つためにはどんな内容を前に持って来ればいいか、を考えてる。これはHさんのコピーを書くときにも似ている気がする。コミュニケーションを学べば、文章の書き方もわかる。文章の書き方を勉強するということはつまり、コミュニケーションを勉強することだ、というのがすごくわかる。だからたくさんのことを学びつつ、実際の文章に活かしていくことが今後も重要になる。
恋スキャFX

No Comments »

21 11月

恋スキャFXについて特典を作ろうと思ったら。。

Posted in 裁量トレード on 21.11.14 by Merlyn

これから特典を作るとなると、特典のコンテンツを作る、それに対するレターを書く、この二つがある。で、先にやるんだったら、まずレターを書いて、そこからコンテンツを作った方がいいね。最初に考えることは、なんでそもそも特典を作るの?答えは何かしらの不満を解消するため。今回の特典はどんな不満を解消することができるか、そしてどんな未来を手に入れることができるか、この辺を考える。で、基本的には勝率を上げることと、利益を大きく取れるようになること。FXでいうと、リスクを小さくするそしてリターンを大きく上げる、教材を買おうと思っている人が、さらに得するためにどんなものがいいかを考える。そしてそのためにライントレードを取り入れる。ライントレードを取り入れるとどんないいことがあるかを話しをする。そこから、取り入れるためにどんなことをしていくか。実際にラインを引くのは毎日検証で行っている。ということは、それをそのまま特典にするのは難しい、ラインを取り入れるにあたって、基本知識をまとめる。ライントレードをするにあたって重要になる知識をまとめる。この辺はMさんのラインの教材を参考にしつつ、必要なことを簡単にまとめるのがいいかな、と思う。で、そこで3つくらいのポイントを残しておいて、そのポイントに関しては毎回の記事で少しずつ触れていく。こういうところは特典をいてもらえればわかる、というスタンスにする。で、ライントレードの特典。記事の書き方としては、やっぱり、なんでこうじゃなくてこうなるの、という部分を乗せつつ、重要なところは特典で、という風にする。ということでラインに関しては恋スキャFXで作って、いく。ラインがなんで①じゃなくて②なのか。ラインをどのくらいまで意識するのか、その辺も必要なところ、普段使うところだけまとめよう。

No Comments »

14 11月

レターを書こうと思ったら必要になるものは何か?

Posted in 裁量トレード on 14.11.14 by Merlyn

実際にレターを書こうとなったら、どんなものが必要になるか、全体の流れはどんな風になるか、というのを考える必要がある。もし仮にトレハンFXの関野さんについてのレターを書こうと思ったら、つまり、誰か人がいてその人が作った教材についてのレターを書こうと思ったら、どんな感じの流れで書くのかを考えてみよう。普通の流れだと、私はこんなに稼ぎました。すごいでしょー。こんなに儲かったんだよ。で、実はこんな人から推薦文もらってるんだよ、すごいでしょー。ほら、こんな人もこんな人も。みんな推薦してくれるんだもん、と。それから私はこんな風にしてこれだけの時間をかけてこの方法を見つけたんだから、100万円の価値は少なくともあると思います。そこで10まんえんで今回は提供することにしました。でもやっぱりそれでも高いから1万円にすることを決めました。どうでしょ、安いでしょ。しかも全額返金保障が付いているからあなたのリスクはゼロですよ。これで買わない理由はないでしょ?という感じでレターを進めていくのかな、と思います。ゴリゴリ系のレターがどんな感じなのか、そうじゃない、ゴリゴリじゃないレターがどんな感じなのかもしっかりイメージを持っておくべき。こういう風にゴリゴリレターを書いていっても、ある程度反応は取れるみたいです。ただ、説得する側と説得される側の人間に分かれるので、どうしてもブランドになりやすくはないと思う。こんなに払ったんだから、もちろん結果を出してくれるんだろうね、というスタンスで向こうは参加する。だから、返金も多いのかな、と思ってしまう。だから三種の神器を使って、新しいタイプのレターを書ける人間に、慣れるように頑張ろう、と気合いを入れるのである。師匠はよく、本当に成功する確率が高いレターしか書かない、という話をしていますが、基本的にFXというジャンルは稼ぎやすいというのがあるので、稼ぎやすいジャンルでレターを毎月1本書くというので収入があればそれは最高だな、と思う。自分の理想がだんだんと明確になってきた。1本20万円のレターでも月に1本書けば240万円しかし、成果報酬をメインに考えたほうが圧倒的にお金になると思うので、1本で100万円くらいになる案件をどんどんこなしていくのがいいかな。

No Comments »

26 8月

相場のツボを特定する

Posted in 裁量トレード on 26.08.14 by Merlyn

相場のツボを特定するための要素としては、①チャートパターン(Wトップ、三尊、フラッグ、三角保合など) ②ローソク足形状(上ヒゲ、ピンバーなど) ③ローソク足組み合わせ(孕み足、包み足など)などがある。レートが相場の節に差し掛かったら、これらの知識を総動員してエントリーポイントとなる場所を絞り込んでいく。間違えてはいけないのが、チャートパターンやローソク足はそれ自体が重要なのではなく、どの場面で現れるかが問題。ショートエントリーを考えるなら1)長期足の売り圧力が強い場面で 2)レートが相場の節のエリア内にある時に 3)水平線やMA、ボリン±1σなどと絡んだところで出現した時に、はじめてエントリーのサインとして機能する。相場の節以外の場所で出現していても、エントリーの根拠にはなり得ない、ということ。出来上がったチャートから相場のツボを見つけるのは簡単。もう答えが出ているから。まだ出来上がっていないチャート、動いているチャートを見ながら「今が相場のツボだ」と判断するのが難しい。

No Comments »

23 8月

相場のツボとは

Posted in 裁量トレード on 23.08.14 by Merlyn

なぜポジポジ病になるのか。以前にも書いたが、「強欲」であることだけがその原因ではなく、本当の理由は「相場のツボが見えていないから」。どこを押せば良いのか分からないのでありとあらゆる場所でエントリーしてしまう。数撃ちゃあたる、というやつ。だから負ける。ではどうすれば相場のツボが見えるようになるのか。それにはまず相場の節を見つけなければならない。これは比較的簡単に見つけられる。長期足で水平線、FIB、トレンドラインを引くことで、将来、節になるであろう場所をあらかじめ想定しておくことが出来る。しかしながらその節が本当に効くかどうかはその時になるまで分からない。しっかりと止まる場合もあるし、一旦停止するだけで抜けていくことも多い。さらにはダマしで戻ってくる。「そのあたりで変化が起こる可能性が高い。」ぐらいに考えておく。相場のツボは相場の節の近辺で現れる、エントリーするのに絶好のポイント、ということになる。
トレンドハンターFX 暴露

No Comments »

18 8月

イースターで様子見姿勢強まる

Posted in 裁量トレード on 18.08.14 by Merlyn

ユーロドル : 週明け窓開けからスタート。その後の動きを見ると1時間足できれいな転換ロジックの場面が形成された。窓の部分を長い陰線と見立てれば1.38601でダブルトップのネックラインと20EMA、4時間足MAを長い上ヒゲで貫く理想的な形となった。しかしながら、窓を埋めに行くという相場の習性からここでは様子見とした。その後は予想通り(?)下降したが日足MAにサポートされてレンジを形成している。このあとは、上昇して窓埋めに行くのか、あるいは下降→レンジ→下降の形となるのか様子見姿勢を継続する。オージードル : 長期足、短期足ともに下降転換を待つ姿勢を継続。4時間足で引いたフィボナッチ38.2%の0.93632を割れば大幅下落の可能性強まる。各通貨ペアとも先週大きく動いたので、今週は様子見が多くなるのはやむを得ないところである。しかも今週末はイースターで相場は休日となるのでさらに様子見姿勢が強まることが予想される。

No Comments »

14 8月

窓埋めフェイクからの下落はあるか

Posted in 裁量トレード on 14.08.14 by Merlyn

4月15日の相場を見てみる。ドル円 : 4月4日の高値104.125からの急落が一旦止まり、そこから反転上昇の兆しを探す。直近の戻し高値101.970を越えてきたので買える形になる可能性が出てきた。注意すべきは下降中の1時間足200EMAがレジスタンスになる可能性あること。一方、売りを狙う場合は、4時間足で作っているレンジの下限101.4あたりを割ってから。その場合の目標は100.7あたりとする。さらにそれを割れば本格的な下降トレンドに移行すると考えておく。ユーロ円 : 現在は週明けに作った窓がまだ埋められていない状況。4時間足MAに抑えられて細かいレンジを形成している。基本的にドル円と同じ対応で良いと思う。ショートする場合は窓埋めを完了してからの再下降を狙いたい。レンジからの上抜け+窓埋めがフェイクであれば、直近安値139.950更新後の下落はそれなりの値幅になることが期待できる。いずれにしてもドル円の動きを注視する必要あり。

No Comments »